靴磨き少年

1929年、アメリカでジョセフ・ケネディという投資家がいました。ある日、彼がウォール街で少年に靴を磨いて貰っていると少年が株の話をし出しました。これを見たジョセフは、「靴磨きの少年まで株の話をしている。そろそろ相場はおしまいだ。」と思いつき、持ち株を全て売却したそうです。その数週間後、世界恐慌が発生しました。(終わり)多くの人が買い出すと相場は終わるという結構有名な話ですね。まあ、話自体はたぶん作り話...