FC2ブログ

岡山・香川・愛媛・しまなみ海道旅行 1日目

今年の夏休みはどこに行こうかなーと考えていたのですが、奥さんが休みが取れないとのことで、じゃあ一人で現存天守制覇に向けた歩みを進めることにしようかなーと思い立ち、備中松山城、丸亀城、松山城と周ることにしました。
本当は宇和島城も一緒にと思ったのですが、しまなみ海道のサイクリングも魅力的で、日程的に厳しいので宇和島はまた今度に。
そんな感じで予定を立てたらまさかの西日本豪雨。。。
ボランティアが頑張ってるなか、観光っていうのもなぁと思いつつ、キャンセルするのも地域経済に悪いなと思って決行することに。
そしたら今度は台風が。。
羽田から飛行機飛ぶのか!? と朝起きるまで不安でしたが、何とか大丈夫でした。
01_空港 
天候はかなり悪くなってきていましたがギリギリセーフ。
岡山空港に到着。
西日本豪雨の後だし、台風来るし旅行客はほとんどいないのかなと思っていたけど、レンタカーの出張所にいくと結構レンタカーを借りる人がいました。
意外に風評被害とか無さそう。
車を借りてまずは備中松山城を目指します。
ナビで目的地をセットしてその通り走った結果。。。
02_土砂崩れ 
土砂崩れで完全に道が塞がってました。
結局一番確実にたどり着けそうな高速道路で高梁まで。

昼飯は高梁の「魚富」というお店へ。
03_魚富 
この辺りは鮎が有名みたいで、ここのお店は鮎が食べられます。
先客は1組。ちょっとお昼よりも早い時間ということもあり空いていました。
鮎の塩焼きと海鮮丼をお願いしまいた。
04_鮎の塩焼き 
鮎の塩焼きは、養殖物と天然物があるとのこと。
天然物が良かったのですが、冷凍されているものを解凍する必要があるらしく30分ほど時間が掛かるとのことだったので養殖物にしました。
全然臭みはなく頭と尻尾以外は丸ごと食べられました。
焼きたてだったので、ホクホクで美味しかったです。

05_海鮮丼 
海鮮丼は見た目は豪華!ですが、味は微妙でした。

06_海鮮丼アップ 
ご飯が酢飯ではなく、普通の白米なので個人的には味が無いというか。。。
よくよく考えたらこの辺は山の中なのになぜ海鮮丼を頼んでしまったんだろう。
普通に鮎定食にすれば良かった(^^;

備中松山城の前に武家屋敷が見えてきたのでまずは武家屋敷と頼久寺に寄りました。
07_高梁の街路 
高梁は昔の城下町の街割が結構残っているらしく、道が狭く車を運転するのが結構怖いです。

08_折井家 
こちらの武家屋敷は人形が売りのようです。
09_入り口マネキン 

10_中のマネキン 

こんなグッズも置かれています。
11_SNS用の道具 
#武家屋敷なう ってツイートするかなw

もう一つの武家屋敷。
12_2個目の家 
こちらの家のほうが先ほどの家よりも石高は少ないとのことでしたが、豪華な感じでした。
13_居間 (1) 

14_居間 (2) 
なんでも藩主の生母の実家らしく、そのせいでしょうね。

続いて、頼久寺へ。
15_頼久寺入り口 
立派な白壁、石垣と、階段の草生え放題のコントラストが良いです。

16_頼久寺庭 
そして小堀遠州作の庭。それほど広くないです。

17_頼久寺庭2 
個人的には丸窓から眺める庭が好きです。
でもここの家はちょっと柱が邪魔なんですよね。

その後、備中松山城へ。
事前情報だと、この日はふいご峠までは自家用車では行けず、城見橋公園というところからシャトルバスに乗るはずだったのですが、城見橋公園に到着すると係員のおじちゃんがそのまま自家用車で登れという合図を出すので、自家用車でふいご峠まで登りました。
道は車1台分の幅しかなくガードレールも無い峠道なので対向車が来たらマジ恐ろしい…とドキドキしながら何とかふいご峠まで登りました。
18_ふいご峠 
ふいご峠に到着して知ったのですが、こちら側にも係員のおじちゃんがいて城見橋公園のおじちゃんと無線交信しながら車の行き違いが発生しないように交通整理してくれていたようです。
それ先に言ってよー。ドキドキし損。

19_ふいご峠看板 
ふいご峠から車を降りて徒歩で20分ほど更に山を登ります。

20_山道 
真夏の山登りツライ。。。
ただ登るだけでツライのに、これで鎧兜被って上から鉄砲やら弓やら撃たれて。
山城って攻め落とすの無理だと思う。

21_高察 
途中、城主からの有難いお言葉の高札があります。

そんなこんなで汗だくで石垣まで到着。
22_大手門 
大手門跡。

23_お茶 
本丸に入るとお茶のサービスがあります。
これはありがたい。生き返るー。

24_天守 
天守。

25_二重櫓 
二重櫓。
何か見たことあるなーと思ったら、大河ドラマ真田丸のオープニングムービーで映っているのが、この備中松山城とのこと。

山を下って高梁市郷土資料館へ。
26_高梁郷土資料館 
正直あまり興味はなかったんだけど、共通入館券を買ったらここも入れたので。

27_郷土資料館内部1 

28_郷土資料館内部2 

29_郷土資料館内部3 
昔の生活用品や農具などが陳列されています。

その後、高梁を後にし倉敷へ。
この日宿泊予定の料理旅館鶴形を目指します。駐車場の場所が分からずだいぶ苦労しました。
高梁もそうでしたが、ホント古い町並みを残しているところって車で来たくない。。。

チェックイン後、早速散策へ。
30_倉敷の町並み 
本当によく風情ある町並みが残っています。
しかも思っていたよりも古い町並みが広い!
31_倉敷の町並み2 

32_倉敷の町並み3 

33_倉敷の町並み4 
倉敷川の川沿いだけでなく他の通りも古い町並みが残っている。
路地もいっぱいあるしお店もいっぱいあるのでとても楽しいです。
なぜかコスプレして写真とっている人がたくさんいました。非日常感が出るんですかね。

そして、株をやっている人間としては、一番のベストスポットがこの建物。
34_地場証券 

建物の前の黒板を見ると、「当面の相場の見通し」と題して、最近の米中貿易摩擦の内容が!
35_地場証券2 
我々も連綿と続く相場の歴史の一部に参加しているんだなぁと感慨深くなりました。
どうやら地場の証券会社の建物のようです。

宿に戻って夕食。
36_夕食 
派手さはありませんが美味しかったです。

夕食後、散策を再開。
お店は割と早くしまってしまうのですが、夜は夜でライトアップされた街並みと静けさがまた良いです。うるさい酔っ払いも結構歩いてるけど(^^;

泊まった宿。鶴形を川の対岸から。
37_鶴形と松 
大きな松は樹齢400年とのこと。

倉敷川の町並みと月。
38_月 

大橋家住宅。
39_大橋家住宅 
中には入れませんが、影絵が動きます。

駅方面のアーケード街では、土曜夜市というのがやっていました。
40_土曜夜市 

41_屋台1 

42_屋台2 
露天が出て賑わっていました。

骨付き地鶏の屋台。
43_骨付き地鶏 

カステラ焼きの屋台。
44_カステラ焼き 
やたらたくさん見ました。東のほうだとあまりメジャーじゃないですが関西では結構定番のようです。

美観地区近くにある倉敷らーめん枡家。
45_枡家 
最後ここでラーメン食べて宿に戻ろうと思ったら、麺が無くなって終わってました。
人気店みたいです。
無性にラーメンが食べたくなって他のお店も探してみたんですが、どこもやっておらず。。。
それほど食べたかったわけじゃないのに、食べられないとなると倍食べたくなるのが人間の不思議なところです。

この日歩いた歩数は2万5千を越えました(^^;

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。