FC2ブログ

セミリタイア後の手続き

1f24c53e82e7227841208992f8d9cf9u.jpg
セミリタイア後の手続きについて記載しておこうと思います。
具体的には以下の3点です。

  • 雇用保険の需給申請
  • 健康保険の切替え
  • 年金の切替え・免除申請

雇用保険の需給申請

いわゆる、失業保険の需給の申請です。
自分の住所の管轄のハローワークに申請しに行きました。
必要なものは以下でした。
・離職票
・身分証明書
・キャッシュカードか預金通帳(失業手当が振り込まれる口座)
・マイナンバーが分かるもの
・写真2枚

離職票は、退職後郵送されるものなのですが、なかなか来なくて焦りました。。。
私の場合12月末退職で、退職後年末年始休みや成人の日の祝日などもあったためか、離職票が届いたのは1/20くらいでした。

23区内の某ハローワークで申請したのですが、初回の申請で2時間半掛かりました。。。
人手不足というわりに、失業者は割と多いんですね。。
自己都合か会社都合かで揉めたりする人がいるのでなかなか窓口が空かずとても待ち時間が長いです。

初回申請したらしばらくハロワに行く必要はないのかと思っていましたが、講習会やら説明会やらに参加する必要があり週1回くらいのペースでしばらく通う必要があるみたいです。。。

健康保険の切替え

健康保険は以下の2つの選択があります。
・国民健康保険に切り替える
・加入していた健康保険の任意継続保険に加入する

私は任意継続保険に加入しました。
国保の保険料は、住んでいる自治体によって計算方法が異なるため、どちらにすべきかは個人で計算したほうがよいかと思います。
私の場合は任意継続のほうが大分安かったです。

1点困ったのが、保険証の発行がされるまである程度時間が掛かるため、1月から半月ほど保険証がない状態となってしまい、この間、持病の通院は10割負担になりました。
一応、同月中に発行された保険証と領収書を持って病院へ行けば3割負担で返金されるのですが、結構面倒です。。。
会社の福利厚生担当が、私が退職後すぐに別の会社に転職するものと思い込んでおり、任意継続保険は利用しない前提で手続きを進められてしまいました。(まぁ、辞める時点で次の就職先が決まっていないなんて人は稀ですからね。。。)
このため、任意継続保険の申し込みが退職直前となってしまいました。もっと前もって申し込みをしておけば、退職時点で新しい保険証が貰えるようです。
こういうことにならないように、早めに国保に入るべきか任意継続に入るべきかを見極め、任意継続にする場合は明確に会社の担当者に申し入れておいたほうが良いです。

年金の切替え・免除申請

年金は、国民年金へ切り替えが必要です。
また、「失業等による特例免除」を利用すると、年金の支払いを全額・または一部免除してもらえる可能性があります。
いずれも住所の市区町村役場の国民年金窓口で手続きができます。
必要な書類は以下でした。
・年金手帳
・マイナンバーカード
・身分証明書
・離職票のコピー(雇用保険受給資格者証のコピーでもOKらしい。

免除については、独身の場合はほぼ全額免除が認定されるようです。
ただ、配偶者がいる場合は世帯での所得を見られるため、配偶者の所得によって認められるかどうかが変わってきます。詳細は日本年金機構のホームページを見るのが良いかと思います。
なお、免除を受けた場合、支給額も減ります。ただ、支払わない分の半分を税金で埋めてもらえるので、免除を受けたほうがお徳かとは思います。まぁ、この辺は何年年金を貰うかによって変わってくるのでなんともですが。そもそも我々の年代は年金がどの程度貰えるのか大分怪しいですが^^;

以上、退職後に今のところ私が実施した手続きについて記載してみました。
意外に手続きが多くて調べることも多くて面倒です。。
細かい点はいろいろ変わると思いますので、正確な情報はきちんと自分で調べましょう。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント