FC2ブログ

第3回資産運用EXPOメモ

IMG_4123.jpeg
2020/01/24に、第3回資産運用EXPOに行ってきました。
ブースは不動産系のものが多かったですが、セミナーは株についてのものもチラホラあったので。

聞いてきたセミナーの内容のメモをまとめてみました。

■人生を変えられる資産拡大を目指す!外国株相場サイクル投資法

グローバルリンクアドバイザーズ(株) 代表取締役社長 戸松 信博

○アメリカ株が騰がっている理由

・金融政策と財政政策がしっかりしている
 FRBの金融緩和とトランプ減税による効果。日本は金融緩和はやっているが、消費税増税など財政政策がマイナス方向。
・自社株買い
 アップルは時価総額ざっくり100兆円のうち、一年間で約7兆円の自社株買いを実施している。
 レパトリ減税、および、米中貿易交渉の決着が見えないため企業が投資を行えないことにより、余剰資金が自社株買いに向かっている。
 日本企業は全然自社株買いせずひたすら内部保留。
 

○相場サイクル

相場サイクルは以下の4段階を循環する。
 ・金融相場(景気が悪いから中央銀行が金融緩和を実施する。)
 ・業績相場(金融緩和の恩恵で企業業績があがっていく。)
 ・逆金融相場(加熱した景気を冷ますため中央銀行が金融引き締めを行う。)
 ・逆業績相場(金融引き締めにより景気が悪化。)

買い時は金融相場に入った時点。
米国相場の現状は業績相場の真ん中くらいでまだ天井ではない。
11月の大統領選挙でトランプが負けると逆金融相場入りする可能性あるが、たぶんトランプが勝つ。
イールドカーブが逆イールドになったら逆金融相場に入った可能性あるので注意。

■株主優待で楽しい人生を

将棋棋士 / 投資家 桐谷 広人

株は基本的に資金が多い人に有利だが、株主優待制度は最小単元が一番利回りが高いことが多く個人投資家が有利なのでオススメ。
5万円から買える優待銘柄もあり、大金がないと投資は出来ないというのは間違い。
投資する上では分散投資が重要であり、株主優待銘柄を集めていくと自然と分散投資になる。
配当+優待利回り4%を目安に銘柄選定をする。

■マクロ経済から読み解く2020年の為替市場

ニッセイアセットマネジメント 松波 俊哉

ドル円は年末にかけて徐々に円安傾向となり、年末112円の予想。
グローバル経済は回復基調にあり、米国の雇用環境も良好(雇用されにくいヒスパニック系、黒人系の雇用も良くなっている)

■「最も予測が当たる経済アナリスト」が語る!2020年の株価動向

アセットベストパートナーズ(株) 経営アドバイザー / 経済アナリスト 中原 圭介

今年の経済見通しは非常に読みづらい。
米国経済については、指標的には18年2Qでピークを過ぎているが、足元も踏ん張っている。
個人消費が好調でGDPを支えている。今後の鍵はこの個人消費と長期金利。

今年の懸念事項
・大型減税効果の剥落→企業の自社株買いが減るかも。
・家計、企業債務が拡大傾向
・米中貿易摩擦の継続
・米欧貿易摩擦の永続
 デジタル課税とトランプの報復(自動車関税)
 一旦休戦となりそうだが、大統領選挙後に激化する可能性あり。
・地政学リスクへの不安
・中国の民間債務
 対GDP比で見ると、日本のバブル期の値を越えてきている。世界の債務総額も過去最大になっておりいつまで持続可能かは疑問。

このままいけば今年、普通の不況期入りするはずであるが、米国で中間層減税が更に実施されるとすると、アメリカの不況期が先送りになる。
2021年から2022年まで持ちこたえる。
債務が更に拡大してその後の大不況の温床となるリスクあり。(でもリーマンショックほどまでではないと思われる。)

米国株はPER18倍台で割高水準。過去も大体18倍台で下落している。
よってダウの高値は30000から31000ドルの予想。
日本株はPER14倍台でこちらも割高水準。
海外投資家の動向を見ることが重要。

メルカリ、ソフトバンクには手を出さないように。

■世界一わかりやすい投資入門:投資家に求められる5つの戦略

TBL Advisory Co.,LTD (株) CEO 鄭 州業

ガラガラのラーメン屋と、行列が出来ているラーメン屋どちらに客は集まるか?
行列が出来ているラーメン屋に人は集まる。
株も同じ。下がっている株に買いは集まらない。騰がっている株に買いが集まる。
「株は安く買って高く売る」を信じて安くなっている株を探してはいけない。

何をもって騰がっていると判断するか? →平均よりも上であること
よって75日移動平均線が上向きである銘柄の株価が移動平均線を上抜けたタイミングで買う。
イグジットも同じく75日移動平均線を下抜けたタイミング。
ただし、テクニカルだけでなくファンダメンタルも確認する必要あり。

■全体的な感想

平日の割りに結構多くの人がセミナー聞きに来ていました。
各ブースでのミニセミナーも含めていくつか見ましたが、全体的に初心者向けな内容が多かったですかね。
老後2000万円問題の余波&最近の上昇相場もあって、投資やり始める個人も結構増えてきているんでしょうねー。

帰りのビックサイトから国際展示場駅に向かう道の風景。
写真だと良さがあまり出ないですけど、ここからの景色結構綺麗です。
IMG_4124.jpeg


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント